医療レーザーの種類


レーザー脱毛とは

レーザー脱毛は、電気針脱毛に比べて短時間で処理ができ、感染などの心配もありません。ただし、適応部位や体毛の種類に制限があり、レーザー出力や適応を誤ると、やけどや色素沈着のようなトラブルが起こります。

日本でも盛んにレーザー脱毛が行われていますが、一部エステなどで不適切な使用によりトラブルも発生しているので、レーザー脱毛に詳しい皮膚科医のいるクリニックでの治療が望まれます。

レーザー脱毛機の種類

ルビーレーザー
最初の医療レーザー脱毛機です。火傷のリスクが高いという問題点がありました。
Qスイッチヤグレーザー
他の医療レーザー脱毛機に比べ、脱毛効果が劣ります。
アレキサンドライトレーザー
レーザー脱毛にもっとも適していると言われています。アレキサンドライトという宝石を用いて可視光と赤外線の中間程度の赤色光線を出します。皮膚表面の真皮のメラニンのみを反応する性質があり、シミやソバカスの治療にも使用されています。
ダイオードレーザー
アレキサンドライトレーザーと同様に現在のレーザー脱毛の主流となっています。
当院では、世界的に最も有効とされる米国サイノシュアー社製LPIR(ロングパルス・アレキサンドライト・レーザー)を主体に使用しています。

世界各国で最も有用と認められ、世界で最も治療実績の多い機種として知られています。

その他の脱毛方法

光脱毛

レーザー脱毛は医療機関でなければ使用できないため、エステなどでは光脱毛が多く使用されています。黒い色に反応する範囲の波長だけを取り出して照射します。フラッシュプラズマ脱毛、IPL脱毛、コスモライト脱毛などがこれにあたります。

原理的にはレーザー脱毛と同じように、メラニンに選択的に吸収されやすい波長を中心とした光線を当て、毛包周辺の毛の再生組織を破壊する方法です。しかし再び毛が生えてきたという人もいるようなので確実な効果が望めるとは言えないようです。

また光脱毛もレーザーと同じように、毛穴が赤くなったり、水泡ができたりなどの皮膚障害を起こす可能性があるので、適切な使用が求められます。

電気針脱毛(電気脱毛)

電気脱毛とは永久脱毛効果が得られる脱毛法として知られています。細い金属針を刺し、高周波や弱い電気を流して毛穴の一つ一つを処理していく必要があるので、とても時間がかかります。また感染症ややけどなどの副作用が報告されており、施術者の技術が求められる脱毛方法です。

レーザーや光脱毛に比べて痛みが強いもの特徴の一つで、医療機関では局部麻酔や塗る麻酔を使用することができます、また脱毛前後はしっかりと冷やし、腫れや痛みを緩和して対応します。

医療レーザー脱毛とは?
医療レーザー脱毛のメカニズム
医療レーザー脱毛とエステ脱毛
医療レーザーの種類

無料お試し&カウンセリング 予約受付中

ファーストビューティークリニックの医療レーザー脱毛は、カウンセリングで患者様の肌質をしっかりと見極め、医師管理のもと女性の医療スタッフが施術を行っていきます。

クリニックのアクセス方法

  • 無料お試し&カウンセリング 予約はこちら
  • 電話でのお問い合わせ・ご予約:フリーダイヤル 0120-720-666(患者様専用)